曹洞宗は釈迦牟尼佛を本尊とし、高祖道元禅師、太祖瑩山禅師を両祖と仰いでいます。道元禅師は大本山永平寺、瑩山禅師は大本山總持寺をそれぞれのお開きになり、この両本山は本宗寺院の根源であり、信仰帰趨の地となっています。この護持こそ宗門興隆の礎であります。
 その中にあって有道会は大本山永平寺の禅流を慕い、祖山護持の道念を堅持して宗門行政の刷新をはかり、和合をもって宗風高揚に資する団体であります。

組織・構成
全国の各宗務所及び地区に組織を構成し、本会の趣旨の賛同者をもって構成しております。

活動
宗門の興隆を図るべく活動を行ないます。

網 領